厚生労働省が目標としている、1日の食塩摂取量を御存知ですか?男性では10g未満、女性では8g未満とされています。けれど、現在の日本人の平均食塩摂取量は、男性で12g、女性で10.3gです。つまり、日本人の塩分摂取量は、現在の状況で目標よりも多めと言う結果になっているわけですね。この塩分を摂り過ぎる事によって起こってくる症状が高血圧で、腎臓の機能と密接な関係があると言われています。塩分を多めに摂取する事で、腎臓に負担が掛かりやすくなります。すると、血液の濾過作用が上手く行われず、ナトリウムが体内に増えて、高血圧の症状を引き起こしてしまうのです。また、この高血圧の状態が長く続く事により、さらに腎臓に負担をかけ、ますます腎臓病が悪化してしまう可能性が高いでしょう。それを防ぐためにも、腎臓病の治療で有効だと言われている食事療法によって、適切な量の塩分を摂取する事が必要となってきます。ちなみに、一般的には、一日に5〜7g程度の塩分量に抑えるように指導されています。ハムやソーセージ、かまぼこなどの魚肉練り製品は思った以上に塩分量が多いため、摂取を控えるようにしましょう。ただ、むやみやたらに塩分を制限してしまうと、今度は多尿期の際に低ナトリウム血症になってしまう可能性もあるので、注意が必要です。高血圧やむくみのある場合の塩分制限は、その時の腎蔵の機能の状態に応じた量でなければならないため、必ず医師の指示に従うようにしてくださいー